ギャラリーじゃらんじゃらん小舎では、皆が笑顔を取り戻すにはどうしたら良いか考えました。
金・土・日は、できる限り、おむすび、カレーパフ、パンなどを作り売り上げの半額を被災地に送らさせて頂くことにしました。
また、チャリティーバザーを月曜日〜日曜日。毎日行うことにしました。じゃらんに集う作家さんからの手作りの作品もあります。月曜日〜日曜日の喫茶は、6時から8時キャンドルナイトにしました。皆さまのご協力をお願い致します。
また、何か良い考えがありましたらご案内したいと思いますが、良いアドバイスもありましたらお知らせ下さい。
尚、チャリティ募金と金・土・日の店頭販売の食べ物の売り上げは「赤十字社」の郵便振り込みで送りたいと考えています。2週間に一度ほどまとまりましたら少しずつでも送りたいと思います。また、ご報告致します。
                じゃらんじゃらん小舎ワールド


じゃらんじゃらんワールド日誌
 店長と私(キキ)は地震のあったあの日の展覧会が作家さんが仙台に住んでいる人で、仙台から高速で来たばかりなので、あの日はずっとラジオとパソコンから目が離せませんでした。作家さんの友人の安否が心配されました。(後日、無事の確認ができました。)作家さんと通りがかりの人と家のスタッフみおさんと店長と私は、地震の時、店の柱にみんなしがみつきました。かなりの揺れでしたが皆、大丈夫でした。また、仙台が実家の常連さんの家族が無事との連絡もありました。また、沢山の方から、被災地の方への祈る時間を作ろうという声や何か自分にできることはないかという声を頂きました。
被災地で亡くなった方々のご冥福をお祈り致します。
また、今、生きている私たちが、出来ることを慌てず、見つけていきたいと思います。(正直、私は大慌てでした。深呼吸し、何も考えず前向きにいこうと思います。)
                           キキ