2014-12-22-11-34-23

昨日の絵本の語りっこ
絵本担当の青衣さんが、クリスマス島のサンタさんの絵本と河童の楽しい絵本を読んでくれました。
ページをめくるごとに感動したり、笑ったり!ステキな絵本でした

私は、サンタクロースって本当にいるんでしょうか?という八才のバージニアという少女の質問に答えて、100年前の事ですが、アメリカのニューヨーク・サン新聞社のフランシス・P・チャーチという記者が社説に書いた、愛情深いお返事が、そのまま訳され、絵本を紹介しました

サンタクロースは、ちゃんといます。それどころか、いつまでもしなないでしょう。
一千年のちまでも、百万年のちまでも、サンタクロースは、子どもたちの心を、いまとかわらず、喜ばせてくれるでしょう。(文の一部)

次回の絵本の語りっこは、2015年1月18日・日曜日・午後3時からです。1オーダーお願い致します。

今年も、絵本の時間を共に過ごして頂き、ありがとうございました

絵本の世界の幅を広げてくれた
青衣さん
ありがとうございました

今後もみなさんと語り合う時間を楽しみにしています。
どうぞ、宜しくお願い致します
貴貴